異性が思う「この人と会ってみたい!」と感じるとき

MENU

異性に会ってみたいと思わせる方法

異性に会ってみたいと思ってもらうには、難しい手順は必要ありません。
礼儀正しく、優しく紳士的にチャットをすることを徹底するだけで
会ってみたいと思われる確率は上がります。

 

まず、チャットするのが初めての相手へいきなり会いたいと言っても
好感を持ってもらえる可能性は無いでしょう。
自己紹介から初めて、一歩ずつ仲良くなっていくことが大切です。

 

では、自己紹介して礼儀正しければ良いかと言うと、それだけではダメです。
なぜなら、楽しい気持ちが生まれなければ会いたいと思わないからです。

 

もしもあなたが自己紹介をして、自分の趣味や好きな異性のタイプを語り続けても
相手は徐々に飽きてきて退屈になってきます。
相手に楽しんでもらい、喜んでもらわなければ会いたいと思わないでしょう。

 

相手にチャットを楽しいと感じてもらうためには、話を聞くという姿勢で話しましょう。
自分の話ではなく、相手に楽しく話してもらうことに注力するのです。
何か質問をした場合、その質問の答えを織り交ぜて会話を繋げてみましょう。

 

例えば好きな食べ物を聞いた時、パスタが好きと返答が来たとします。
その際に、私も好き、おれも好き、などと同意するだけではそこで話が終わってしまします。
話を次に繋げるためには、どうして好きなのか、と理由を聞いてみましょう。
相手はなぜ好きなのかを話してくれます。

 

その上で共通点を見出し、同意して協調していくことで一緒に居るのが楽しいと感じてもらえるのです。

 

ここで初めて、チャットで会話するよりも会ってたくさん会話した方がもっと楽しいかもしれない
そう思ってもらえます。

 

話を聞き、そこから相手の価値観を知り、自分と同じ共通点を繰り返し強調して
お互いの親密度を上げていきましょう。

 

 

もしあなたが女性なら、相手の得意分野について聞いてみましょう。

男性は褒められたり、得意分野のウンチクや経験を語りたいものです。
相手を認める発言を織り交ぜることで、男性からの好感度はどんどん上がります。

 

このように話を聞いてあげる姿勢が出会いへ繋がるのです。
自分の要望を伝える前に、相手が望むことをしてあげましょう。